ABOUT | NEO TAKATORI

ABOUT

今から400年前。黒田藩の黒田官兵衛公、長政公の親子が初代八山を連れてきました。
以後、廃藩置県まで、黒田藩の御用窯として茶道の陶器を作り続けました。
当窯元は、唯一の高取焼の直系の窯元。
初代八山の精神を一子相伝で受け継いでいます。

土作りから秘伝の釉薬の調合、薪による焼成など今も昔と変わりなく伝統を守っています。

その長い歴史の技をそのままに現代のうつわにも生かしているのがNEO TAKATORI。

綺麗さびと言われる高取焼の良さを込めて作られています。

薄くて軽くて、わびさびのある美しさ。

お殿様だけが使っていた器を日々の暮らしの中で、ぜひお使いください。